学会、国際会議、株主総会、テレビの視聴者参加番組、クイズ番組、企業のイベント、新製品発表会、商品紹介、マーケットリサーチ、戦略会議、ブレーンストーミング、テレビ会議、企業や学校などでの学習や教育、議会、政党活動、選挙での立会演説会、市民団体や自治体の集会、地域フォーラム、等などさまざまなシーンでの活用が可能です。
質問
回答
即、集計
即、グラフ表示

かんたんです!

赤外線方式のコードレスハンドセットは、それぞれが通信し、お近くのハンドセットからハンドセットへとデータが送られていきます。レシーバーだけで、会場全体をカバーする必要が無いので、効率的です。受発光部をふさがないように注意して使用します。 会場の広さや、レイアウトに応じて設置位置や数を決めます。接続ケーブルは一般的なEthernet用のツイストペアケーブル(カテゴリー5)を使用しますので、安心です。RS232/485コンバーターを中継してパソコンのシリアルポートに接続します。 赤外線レシーバーは会場の広さやレイアウト、ハンドセットの数に応じて増減します。 また、他の赤外線機器との併用は注意が必要です。 クエスチョン ウイザードという拡張機能をプラスしたパワーポイントですべての処理をしています。これ一台で済むので設置スペースも少なくて済みます。お客様で用意した画像などを使用することも可能です。
Systems can be hired from 5 keypads for small discussion groups through to 1,000 keypads for large conferences. Typical sizes would be 10, 20, 50, 100, 200, 500. Supplied with main and back-up PCs, Power Supply Unit, and choice of output to RGB projector or Video/TV picture.